本文へスキップ

心整体塾は独立に強い、腰痛肩こりに結果の出せる専門術を伝授します

TEL. 03-3439-5603

〒154-0014 東京都世田谷区新町3-29-9-102

運営方針塾長ご挨拶

運営方針

整体という言葉だけが独り歩きして、様々な技術の乱立の様相を呈している現在、痛みを楽にする専門術の分野で、本物の技を伝承することを通して。人と社会に貢献する整体院を排出する事をめざします。
特に独立開業する卒業生には、その時だけの一時しのぎの改善でなく、結果がすべての技を追求する高い理想と精神で自己の技術と日々向き合い研鑽を重ねることを通し、真にお客様に喜ばれる整体院を運営することを求めます。

宮川塾長ご挨拶

CEO

みなさん、はじめまして!心(しん)整体塾の宮川です。
当整体塾には、東は札幌、西は大阪、年齢・性別に関係なく、全国からサラリーマンや自営業をされていた方や、一度 整体学校をでたけれども技術に自信がもてない、お客の痛みを緩和できないために、うまく経営していけるか不安などと、整体師として更に技術をつけたいと思っている方が多く通われています。
そんな中、心整体塾の方針として【少ない回数でお客様の負担を最小限に抑え、結果を出して整体料金をもらう】を 掲げていますが、 整体師として必要なことは以下の2点に尽きると思っています。
(1)痛みの原因を即座に判断する能力(2)痛みを緩和する高度な整体技術
私は、整体院を開業以来、集客について考えたり悩んだことはありません。お客様にとって一番大事だと感じるのは痛みを早く軽くしてくれる所です。それによって、お客様が自らお客様を紹介してくれました。
そう、結果に集中すれば集客自体はお客様がしてくれるのです。 それには本当の技術を必要とします。

集客について不安になることはありません!
私は開業以来、集客の為のチラシ、パンフレット、雑誌等で広告宣伝などは、一度もしたことはありません。
確かにホームページを見て来院される方はいらっしゃいます。 もちろん、ホームページで来院されたお客様からの紹介もかなりの数あります。一人来院されれば、それが5人にも10人にも増えます。それだけ、この療法に当塾は自信を持っています。
同じ痛みを楽にするのでも半年、1年も掛かっているようではダメです。
なるだけ早く痛みを軽くしてあげられる→それがお客様に気に入られ、喜んでいただける。
→それが紹介に繋がるのです。『お客様が望む結果を出して、整体料金をもらう』これを方針に18年以上続けてきました。自信を持ってお勧めするのがこの療法なのです。

※もし、整体師として独立したいならば、他のスクール、学校等を見学しながらでも結構です。
  当塾へもご相談、ご見学をお気軽にお問い合わせください。

※開業当初の集客についてはどこよりも確実に集客できる秘策がございます。
  当塾へ入塾された方のみにお教えいたします。ここではお教えすることは出来ません!
  あしからず・・・。

少しでも興味がある方は、見学会への参加をお待ちしております


塾の沿革

2013年 10月
これまでの技術と運営にの新たな展開がありこれまでの蓄積された技術伝授法の集大成の証として名称変更、心整体塾として新規開設
2005年 03月
宮整体塾の前身、寛整体塾 創立、以後全国に100名以上の卒業生を輩出

ナビゲーション




---------------------------------------
腰痛の情報について
 ネットの情報では腰痛にはあれが良い、これは悪いと、いろいろな情報が氾濫しています、しかし軽く読む程度にして、あまり参考にしてはいけません、なぜなら腰痛は、特定のできる少数の場合以外、85%は医学的に原因不明だからです。

NHKためしてガッテン2011年11月16日放送)


---------------------------------------

貴方の腰痛で体験
もし今貴方が腰痛なら千載一遇のチャンスです。是非ご自分の腰で変化を確かめてみてください。
施術予約は心整体塾本部、またはお近くの系列整体院まで


---------------------------------------

バナースペース

心整体塾

〒154-0014
東京都世田谷区新町3-29-9-102

TEL 03-3439-5603
FAX 03-3439-5603



整体法の解説について

当サイトは骨振療法でなぜ改善率が高いのかの解説を、自画自賛とならぬよう、自筆アンケート公開を通じ客様の声を、いかに信憑性が高い形で公開して真実を伝えるか、この点に留意して情報を公開しています。
本質はただ一言「良いものは良い」です。信じるも信じないも貴方次第ですが、この技術の習得から貴方の未来が開ける一歩となることを確信いたします。